« まとめて。 | トップページ | そして誕生日。 »

一か月ぶり。

まったく日記を書かずに1ヶ月も過ごしてました。
BBVのライブが終わるやいなや、仕事とジャムの往復で日々が過ぎていきます。
そうこうしてるうちに、明日でなんとジャ●トフォーからアラ●ォーに戻ります。
目出度いんだかまったく目出度くないのかわかりませんが、それをやり過ごしたらもう公演です。
というわけで、今週末ついに本番です。

It's secret!第22回公演
「honey so sweet」
脚本 貞松 秀樹
演出 片岡 友美子

前回の「あえか」とは打って変わって、宇宙人なんかがワラワラ出てくるバカコメディです。
じめじめしたこの季節、スカッと笑える芝居をお送りしたいと思ってます。
是非ご来場ください!

日程(全7回)
※開場はいずれも1時間前です。

●5/30(土)
15:00~&19:00~
●5/31(日)
13:00~&17:00~
●6/6 (土)
19:00~
●6/7 (日)
13:00~&17:00~

会場:アトリエジャム
(宇都宮駅近く、八坂神社のそばの小さな劇場です。)

チケット
前売 \1500/当日 \1800
※2名様以上でご予約いただくとお1様100円引きとなります(前売券のみ)。

詳細、お問い合わせはIt's secret!websiteをご覧下さい。
PC用HP ⇒ http://itssecret.net
携帯用HP ⇒ http://www.freepe.jp/i.cgi?itssecret

まだチケットをお求めでない方は是非メッセージお待ちしてます。


でもって、ついでに日記を書けなかった間にあったことをチラホラ。

■4/29
もう1ヶ月前のことですが、BBV LIVE "unplugged"、終了。

こういうことで満足してはいけないのは重々わかってるんですが、準備段階から振り返ると、フルマラソンを走りきったような、気分のよい達成感でした。

そして、作り手にどんなに思い入れがあろうと、舞台は受け手が受け取ったものが全てで、そういう意味では、"unplugged"のライブをやる、というのは、一人芝居をやるということに似てるかも、とちょっと思いました。
マイクを使わないとか、一人だけで全てを演じるとかいうのは、やる側のこだわりで、それだけで何か価値があるわけではないから、このスタイルで、しかも、いつものホールで、マイクを使って、バンドで、に負けない価値のあるものを作らないと単なる自己満足になってしまう。

そういう意味で、相当今回は試行錯誤を重ねてのチャレンジだったと思います。

もとより、私は小さい箱での公演が好きでアトリエジャムという小屋で芝居をしています。
まあ、ジャムは小さすぎるかもしれませんけど、見る側からしたら、オペラグラスで表情を見るようなでかい会場の公演より、お客さん的には望ましいと思ってます。

今回、公演としてどこまでのクオリティを出せたのかは分からないし、今後このスタイルでライブをやる機会があるかは分からないのですが、なるべく生に近い声の力をお客さんに届けよう、と試行錯誤した今回の公演は、やってみてよかったんじゃないかと思えるチャレンジでした。

来年はBBVも10周年。
またまた大きな、そして挑戦しがいのあるチャレンジになりそうです。

ライブで実はココロに残ったのは、リハーサル終了から開場まで、そして1回目のステージの終了から2回目の客入れの間に、「練習していい?」といって嬉々としてピアノを弾くリーダーでした。
息をするようにフツーに練習する。
「こういう人が音楽の神様に愛されてるんだろうな」と思った瞬間でした。

そして、本番中、客席とステージが一体になった瞬間。
ノーマイクでのソロの後、初めは遠慮がちに、そしてそれがホール中に広がっていくように拍手が沸き起こった瞬間のこと、
アンコールでお客さんが波のように立ち上がった夢のような光景。

忘れないで、焼きつけて、次のチャレンジに進もう、と思った光景でした。


■5/2
NYLON 100℃公演『神様とその他の変種』を見に行きました。

これについては簡単に感想を書きますが、なかなか良かった。
ぶっちゃけ私はそんなにNYLON大好きでもないんですが、いい芝居でした。
作・演出のケラさんのバンド、ケラ&ザ・シンセサイザーズの同タイトルの曲を元に書いた戯曲なんだそうですが、冒頭に役者全員がこの曲を歌うシーンがあって、私は正直最近の芝居で役者が歌を歌うのはちょっと引いちゃうタイプなんですが、このシーンはかっこよかった。
その他シーンの切り替えや、さりげなく入ってる音響がとても良い。
そいうえば昔のアングラの芝居は、大概劇中歌みたいのがあって、役者がみんな熱唱してたんだけど、ケラさんの芝居はポップなんだけどアングラっぽさがある。

いわゆる、訳のわかんない会話が進行する「ナンセンス」といわれるものが、実はあんまり得意ではないんだけど、松永さんの芝居には引き込まれた。
要は、それがリアルに見えるだけの集中力なんだな、と思った。

劇中で、「下着ドロボーにあったんです」と言いながら下着姿で出てくる女の子がいたのですが、そちらの方はちょっと見てられなかったから、やっぱり簡単に出来る技ではないんだろうなと思った。

考えてみたら、舞台って全てが嘘を本物に見せてるわけで、ナンセンスであろうがなんだろうが、そこに集中力がないと見てられないというのは同じことなんだろうな、と思う。

いろいろくどくど書いたが、単純に良い公演でした。

さて、うちの公演もがんばらねば!
ゴスペルのライブをやって、その上芝居もかい!というのは凄い欲張りなことかもしれないけれど、やりたいことがこんなにあるのは幸せなことですよ、うん。
今日はBBVにちょっと顔出したらジャムで芝居の稽古も大詰め。
××歳の誕生日前夜を、好きなこと2本立てで迎えますー!

|

« まとめて。 | トップページ | そして誕生日。 »

honey so sweet稽古日誌」カテゴリの記事

コメント

norinhoさん、コメントありがとうございます!
それから週末は雨の中ミヤギグお疲れ様でした!
これからもよろしくお願いします!

投稿: 部長 | 2009年6月 3日 (水) 07時58分

お引越しおめでとう。そして遅ればせながら誕生日もおめでとう!
うーん、今夜はそれだけ。
おやすみなさいzzz

投稿: norinho | 2009年6月 3日 (水) 00時20分

おお~ミホ~!
コメントありがとう!
久々に会いたいねえ。
宇都宮に来た際はぜひ連絡ください!

投稿: 部長 | 2009年6月 2日 (火) 08時04分

××歳おめでとー!
元気そうで何よりです。
いろいろあるけど、アグレッシブな部長の姿に励まされます。
私も元気に、家庭を守って(!?)ます。
また一緒に飲める日を楽しみに、オット1名、彼氏(息子)2名相手に晩酌の日々です。
そろそろ幕の向こうにいる部長に会いに行きたいな~

投稿: 美保 | 2009年6月 1日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531584/45199132

この記事へのトラックバック一覧です: 一か月ぶり。:

« まとめて。 | トップページ | そして誕生日。 »