« 2~3月の栃木県内のちょっと気になる演劇公演。 | トップページ | ブログ復活します。まずは明日の公演について! »

thanks for 第三舞台!

※久々に日記書いたと思ったらこんなんでスミマセン。
無駄に暑苦しい日記に。。。

本日18時~第三舞台の最終公演!

千秋楽は福岡なんですが、ライブビューで全国の映画館で生中継、という粋な計らいで、宇都宮のTOHOシネマズで千秋楽を見る予定です。
いやー、この最終公演見るのこれで3度目なのですが、これで「第三舞台」と名乗る劇団の芝居を見ることがもう叶わないと思うとなんだか感無量です。

確かに、もう活動を停止して10年、その間私たちは第三舞台無しで生きてこられたんだから今後第三舞台が解散しても、生きてくのになんの支障もないのかもしれない。

それでも、10年前の約束どおり、ちゃんと10年後に、たくさんの笑顔と拍手と感動を引っ提げて現れてくれた第三舞台に感謝です。

ファンの人が作った映像がyoutubeに上がってたんですが、これが素晴らしい。
いやー、愛されてるなー。第三舞台。 (ちなみに3まであります)

第三舞台はやっぱり音楽と切り離せないというか、ぶっちゃけ、自分の劇団で、芝居の開始の音楽がいつも同じ曲を使っているのは、第三舞台のスタートが毎回、Roxy Musicの「More Than This」であったことの影響です。

というわけで、音楽を聴くだけでシーンとセリフが頭の中に浮かんでくるのって第三舞台だけかもしれません。遊眠社も好きでしたが、『半神』や『桜の森』のセリフは今でもすらすら頭の中に浮かんでも、音楽あんまり思い出せない。
学生時代、笑っちゃうような第三舞台ごっこ(笑)もよくやったし。
「我愛你」をダブルカセットに入れて、『朝日のような夕日をつれて』のセリフを語ったり、ビニール傘を手に有頂天の「Bye bye」が流れれば『ハッシャ・バイ』。屋上でブルーハーツの「夕暮れ」が流れれば『トランス』。

どんどん一部の人間しか分かんないネタになっていくけど、私が演劇集団Qに入るきっかけも、同級生のRミが『デジャ・ヴュ』を演るのに私をメンバーに加えて、そこでN澤さんに会ったからだったりする。

今回の最終公演を見て、(これから見る人も多いのでネタばれは避けますが)、そんな青春時代夢見てたキラキラした将来には遠く及ばない今の自分がいて、それでも当時の若い自分に、まっすぐな目で、笑顔で迎えてもらえた気分になりました。

私にとって第三舞台は、「リレイヤーⅢ」で語られる幻の劇団そのものでした。でもって、いつか第三舞台から受け取ったバトンを、誰かに渡せているといいなあ。

「~あなたは、自分でも気づかないバトンを握っている。
そのバトンは、あなたが気づかないうちに誰かから受け取り、
あなたが気づかないうちに誰かに渡すだろう。
あなたは孤独な短距離走者ではない。~」

「~例えば、ここに絶望した人がいるとする。
幻の劇団は、絶望した人の所に必ず現れるんだ。
そして、絶望した人の涙を拭く、
ハンカチのような公演をするんだ。~」

私の人生に大きな贈り物をくれた第三舞台に、たくさんの感謝をこめて。

それでは、最終公演、まもなく開演です!

|

« 2~3月の栃木県内のちょっと気になる演劇公演。 | トップページ | ブログ復活します。まずは明日の公演について! »

芝居のこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531584/53742817

この記事へのトラックバック一覧です: thanks for 第三舞台!:

« 2~3月の栃木県内のちょっと気になる演劇公演。 | トップページ | ブログ復活します。まずは明日の公演について! »